About BSAC

BSAC(読み方:ビーエスエーシー)はダイビン指導団体です。“the British Sub-Aqua Club”の略で、1953年にイギリスのロンドンで設立されました。ダイバーの教育機関としては世界最古と言われています。 また、BSACの歴代の総裁は英国王室からも輩出され、英国王室との縁の深いダイビング指導団体です。
さらにBSACはダイビング業界のパイオニアとして世界中で活躍する様々なダイバーを育成してきました。減圧症(潜水病)研究でダイバーが減圧症にかからない為の「ダイブテーブル」を開発したり、世界で初めて水中カメラでの撮影を行ったダイバーや、ダイビング器材(AQUA LUNG)の創立者なども名誉会員としてその名を連ねているダイビング指導団体です。

基本理念

「Safety First(安全最優先)」

水中での探検、科学、スポーツなどの活動普及を促進し、その安全普及にも貢献する』 BSACは、「Safety First(安全最優先)」を基本理念に掲げ、インストラクターの育成や教材の開発を行っています。そしてこの理念は世界中で活動している支部にも継承されています。